• TOP >> 

ナイトワークは、女性ならではの稼げる仕事として人気があります。 昼の仕事だけでは生活できない時や、短期間にガンガン稼いで貯金して叶えたい目標があるときなど、こうしたナイトワークは心強い味方となります。 一口にナイトワークといってもさまざまな職種があり、大きく分けて隣に座ってお客様を接客するクラブ、キャバクラ、そしてカウンター越しにお酒を作って接客するガールズバーがあります。 こうした店の種類によって仕事内容も収入も大きく変わってくるので、働きやすさと収入、そして自分に合っているかどうかを見極める必要があります。

一番料金設定が高く給与も高額なのが高級クラブです。 クラブとはダンスなどをせずに座ってお酒を提供して、お客様の隣にキャストがマンツーマンでつくお店です。 高級クラブの場合は、一人のお客様に複数のキャストがつくこともあります。 キャストはドレスやワンピース、着物を着ていてきちんとヘアメイクを整えた状態で働きます。 料金は時間制ではなく、一度座ったらいくらというチャージ料金を元に計算され、それに飲まれたお酒や食事の料金が加算されます。 一度に何十万円、何百万円とお支払いをするお客様もいます。 こうしたクラブに来店されるお客様は、みなそのクラブの会員の方で夜遊びに慣れた大人のお客様しか来店されないのでキャストも安心して働くことができるメリットがあります。 ですが、その分キャストは美しさだけでなく、教養や接客などすべての面においてレベルの高さが要求されるのです。

一方キャバクラは時間制で料金を支払うシステムで、お客さんも実業家からサラリーマンまで幅広い方が気軽に来店できるお店です。 キャストはお客様とマンツーマンで接客して、お酒をたくさん飲んでもらうことでお店に貢献します。 お店にもよりますが週3回ほどの勤務で20万円から30万円ほどの月収を得ることもできます。 ただし、そのためにはしっかりと指名を取るための営業をかけなくてはいけません。 お客様にこまめにメールしたり、開店前にデートをして一緒に出勤する同伴営業を行ったりと指名を貰うための努力は欠かせません。 指名には料金がかかりますが、その指名料はそのままキャストの収入となるため大きいのです。
ガールズバーにはこうした指名制やノルマがない分気楽に働くことができます。 さらにカウンター越しでも勤務になりますので、お触りの心配もありません。 その分時給がほかのナイトワークに比べて低めで、月4回程度の勤務で20万円ほど稼げます。 とはいえ、一般の仕事に比べたらかなりの割高な時給設定と言えるでしょう。

どれを選ぶにしてもナイトワークをやる理由は、やっぱり稼げるということです。 ただし、勘違いしてはいけないのは楽して稼げる仕事はありません。 稼ぐ為には努力が必要なのです。 しかし、失礼な言い方になってしましますが、昼職の事務員であればどんなに頑張っても事務員です。 もしかしたら、評価され給料が上がることもあるかも知れませんが、気持ち程度のものでしょう。 だからと言って手を抜いた仕事をすればクビになる。これが昼職の厳しさです。 どん底がない分夢もないですが、普通にこなしていれば安定があるのが昼職のメリットと言えるでしょう。 それがナイトワークであれば、少しでも努力を怠ればどん底になりますが、稼げる金額に制限はなく夢があります。 ローリスクのものはローリターンしか生み出さないけれど、ハイリスクのものであればハイリターンも期待できるということです。 ナイトワークはそれだけ大変な仕事で誰にでもできることではないので、高いお給料を貰えるのです。 なので、楽して稼ごうと思っている方に成功はありません。